カレンダー

08 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


サイト内検索フォーム


マーフィーのトレード・コーチング

マーフィーの最強スパンモデル
(R)FX投資法を伝授

マーフィー(柾木利彦)が
20年以上為替相場などの第一線で
活躍し積み上げてきた実績と信頼と
トレーダーを育てた経験を活かし
丁寧に「相場と友達になる」
トレード・コーチング

今日の予想レンジ・本日の見通し


今週の予想レンジ・今後の見通し


FX・株価情報・ニュース


30通貨ペアの為替チャート・レート

スワップ金利なら

チャート情報


人気のFX業者・証券会社


一時的にキャッシングで凌ぐ


只今のマーケット


満月や新月に価格が動く!


FX世界時計

FX 比較

ブログランキング


トレーダーランキング


月別アーカイブ


読みたい 買いたい本

精神分析医がプロのトレーダーに
なって書いた心理学的アプローチ
相場本の決定版
戦略として古典的なチャート分析、
オシレーター分析についても、
群集の心理状態と共に解説
現在の価格・もっと詳しく見る

私が読んで勉強になった本

FXに優位性のあるテクニカルで
プロの愛用者も多いPIVOT (ピボット)
過去10年以上のデータを徹底的に、
分析し「各ピボット・ポイントをつける確率分布」 を明らかにしたデータ初公開
おすすめ度 
現在の価格・もっと詳しく見る


『NYボックス』だけを取り上げた
超実践的FX本
NYボックスの基本ルール、
アレンジ方法に加え、
“NYボクサー”のマイルール”も披露
NYボックス (ニューヨークボックス)
インディケーター(indicator)プレゼント
おすすめ度 
現在の価格・もっと詳しく見る


「2trendy」「NYボックス」
「アリゾナルール」といった
ロブが開発したFXトレードの
テクニックの数々を一挙紹介
おすすめ度 
現在の価格・もっと詳しく見る


メタトレーダーのダウンロードの仕方、使い方、カスタマイズの仕方などを
やさしく解説
初心者でもカンタンに、明日から
使いこなせるようになるお役立ち本
おすすめ度 
現在の価格・もっと詳しく見る


メタトレーダーの基本から、
簡単なプログラミングまで。
おすすめ度 
現在の価格・もっと詳しく見る


毎日1万円、毎月20万円確実に、
そして優雅に稼ぐ技術を身につける。
売り・買いのタイミングを身につける
ための練習帳。
おすすめ度 
現在の価格・もっと詳しく見る

業界最高水準スプレッド0.5銭~


MT4でトレード


政策金利表

極めるFX

一目均衡表フライトチャート


外国為替ニュース

FX 愛好家FX ブログ

重要経済指標

投資 金融ブログパーツ

為替ニュース

パーツ提供:ALL外為比較

為替心理バロメーター


FXブルベア予想


ストチャmini


指標表示ブログパーツ

OCN
image


私が厳選して利用しているFX業者

DMM FX

最狭水準スプレッド!
取引手数料0円
安全 完全信託保全


マネー
パートナーズ

高い約定力
高性能取引アプリ
代用有価証券


外為オンライン

管理画面が使い易い
手数料完全無料!
大手の安心業者


FXブロード
ネット

1,000通貨~
完全信託保全
極小スプレッド


みんなのFX

出金が早い!
スワップのみ受取可
みんなの取引SNS


フォーランド
フォレックス

手数料無料
リアルタイム入金



スプレッドが低い! スワップ受取可


私はキャッシングで凌いだ事が・・


トラリピやるならこちら


全通貨業界最高水準のスプレッド


プロと同水準のPC用高性能アプリ


お問合わせ & 相互リンクお申込

■ ご質問・ご意見・メッセージ等お気軽にどぞ
半角カタカナは文字化けする為、使わないでね
■ 相互リンクは下記の項目をコピーし、[]内をあなたのサイト情報に書換えてお申込下さい
・サイト名:[あなたのサイト名]
・サイトURL:[あなたのサイトのURL]
・リンク先URL:[当サイトへのリンクを貼って頂いたURL]

名前(ハンドル可):
メール:
件名:
本文:


全通貨業界最高水準のスプレッド


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、先輩デイトレーダーの話しを元に「株を始めるにあたって大事な事」の記事を書いたけど、誤解をまねく文章もあったので、補足しておきます。

まず、大事な事をまとめたのがこの5つでした↓

1.株の歴史をみて、流れをよくみて、パターンをしる
2.何故株はあがるかを勉強する
3.株は連想ゲーム
4.株のシュミレーションして引き出しに溜めておく
5.出来高が多い企業じゃないとダメ

これらは、あくまでもデイトレードをする場合の事で、長期で考えている場合ではあてはまらない事もでてきます。

例えば、5番の「出来高が多い企業じゃないとダメ」というのは、短期だからこそ重視しなければならない事かもしれません。
ただ、出来高が多ければいいってものでもないらしく、その時々や銘柄によって、臨機応変に考えていかなければならないんでしょうね。

私が銘柄を選ぼうとすると、つい1点だけを重視して選んでしまいそうになるのですが、先輩はこんな例えでアドバイスしてくれました。

「お前は男を選ぶ時、顔だけで選ぶのか?」

「そんな事ないやろ?」

「いくら顔がよくても、性格が悪ければダメだし、スタイル・センス・収入・・・など、色んな部分を見て好きになるだろ?」

「株もそれと同じ。1つの部分だけを見てもダメ。色んな部分を見て総合的に合格点なら買う。しかも、何故その銘柄を選んだのか説明できるくらいでないと、痛い目にあう。なんとなくで選んでいてはたまたま勝ったのと同じで勝ち続ける事ができない。」

この話をされた時、なるほどな・・・と納得しました。
確かに、男性を好きになる時は色んな面のボーダーラインがあって、全部クリアできてないと好きになれないですもんね。
好きになった男性の場合は、どこがどうよくて好きになったのかある程度説明ができるし、自分でわかるので、株の銘柄もそのくらい惚れこんで、どういう部分に惚れたかをきっちり自分で理解できるくらいじゃないとダメですね。



デイトレーダーの先輩にまず勉強する事や株にとって大事な事は何かを色々話を聞いた。先輩の話をまとめてみると、

1.株の歴史をみて、流れをよくみて、パターンをしる
2.何故株はあがるかを勉強する
3.株は連想ゲーム
4.株のシュミレーションして引き出しに溜めておく
5.出来高が多い企業じゃないとダメ

という事です。

どの項目も何度も言われている事で、3・4・5番はどうすれば良いかだいたいわかるけど、1番と2番の意味は奥が深そうなので今の私には理解するのがなかなか難しいです。

3番の「株は連想ゲーム」というのは、まず「今年は暑い」→「エアコンが売れる」→「エアコンを作っている会社の株があがる」という風に、次々と連想して儲かりそうな会社を予想する事だと思います。

4番の「株のシュミレーションして引き出しに溜めておく」株の取引をする前に、この株が上がった場合はどうするか?とかこの株が下がった場合はどうするか?など、何パターンも予め考えておき、実際株の板を見ながら、即座に行動できるように下準備をしておく事だと思います。

5番の「出来高が多い企業じゃないとダメ」は、いくら良い会社の株を見つけたとしても、出来高が少ないと売りたい時に売れないので、結局は思うように売れず損をしてしまう事があるので、出来高の多い企業を選べという事なんでしょう。

意味はわかっても、3番と4番は実際やるのは結構むずかしそうな気がします。連想するにも、ある程度色んな事を知ってないと連想できないし、シュミレーションするのも自分が買おうとしてる株や既に持っている株の事をきっちり理解してないとシュミレーションできないですからね。例えば、いくらになったら売ろうとか買おうとか考えるのは簡単そうに見えて実際やるのは難しそうです。

先輩は、例えば私がヤフーの株を買おうと思ったら、何故ヤフーの株を買おうと思ったのか説明しろって言ってくるが、私はなかなかそれを説明できずにいます^^;
そんなんじゃ、シュミレーションしようにも中々うまくできないですしね・・・。

とにかく、先輩の言葉をしっかりと理解し、自分の言葉で説明できるようになるまでは、株の実践はおあずけなので、なるべく早く理解できるよう頑張るしかないです。

チャートの見方

チャートの見方を勉強しました。
ローソク足の見方はだいたいわかるけど、移動平均線の知識が曖昧だったので、色んなサイトの解説を読んで見ました。

まず、移動平均線には売りサインと買いサインがあって、短期間の移動平均線が、長期間の移動平均線と重なるか重ならないかで下がれば、売りサイン、重なるか重ならないかであがれば買いサインって所でしょうか・・・。でも、こんな単純なものでもないのかもしれないけど。

チャートなどの過去の出来高や時間軸をみて判断し株を買う方法をテクニカル分析っていうみたいで、私は複雑な会社の因果関係を調べるのが苦手なので、テクニカル分析もいいなぁとか思ったけど、こっちはこっちで難しい言葉を沢山覚えないとダメなんですね。
ここ最近は、なるべく株の用語になれようと思って、いろんなサイトをみてるけど、なかなか頭になじまないのが痛いです;
先輩デイトレーダーから、株価のあがるしくみを勉強するように言われたけど、株価って、売りたい人と買いたい人がいて、高くてもいいから買いたい人が沢山いると、株価がどんどん上がって行くって事だと思うけど、それをもっと深く勉強するにはどうすれば良いのかいまいちわかりません^^;

ネットで調べても同じような事しか出てこないし・・・。
先輩デイトレーダーが言ってるのは、もっともっと深いしくみを知れって事だと思うけど、それをどうやって勉強すればいいのかわからない。
チャートの見方などをもっと頭に叩き入れればいいのかなぁ。
株式入門のホームページを見ながら、順序に沿って勉強していると、デイトレーダーの先輩から、「今はまず株があがるしくみを勉強しろ」と叱られました。確かに税金の勉強などは株で稼いでからの話しになるので今はまだ早いんでしょうが、株があがるしくみっていうのはどうやって勉強すればいいのか、ちょっと難しそうです。

自分なりによさそうな銘柄を選んでいてもまだ早いって言われるし。確かに、私がこの銘柄がいいって選んでも、どうしていいのか細かく説明しろって言われてもうまく説明できないので、そういう時にまだまだだなって実感をします。

とにかく自分がやりたい事ややっている事を自分の言葉できっちり説明できるようにならないと、話しにならないかもですね。

株式の税金

今日は主に株式の税金について勉強しました。 株式の税金は、制度もちょこちょこ変わっているようだし、複雑なのでなかなか理解できずに混乱してしまいそうです。

とりあえず、現時点での方法は 「特定口座」に申し込むか申し込まないかを選び、「特定口座」に申し込んだ場合は、また更に「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」を選べます。

「特定口座」とは、証券会社が個人投資家に代わって、売却益にかかる税金を1ヶ月ごとに納税する制度で、 自分で確定申告をするのが面倒な人は「特定口座」を申し込むと証券会社が代わりに納税してくれます。

だけど、「特定口座」を作るだけで何もしなくてよいわけでなく、 「特定口座」を作るだけでは証券会社は源泉徴収はしてくれないので、「特定口座」を開設の上、「源泉徴収」選択の届出書を提出する必要があります。 「特定口座」の中に「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類があり、どちらかを選択する形になります。

文章で書いていても、理解しずらかったので、表にしてみました。

一般口座 特定口座
源泉徴収あり 源泉徴収なし
取引ごとに送られてくる取引報告書のはがきを整理して、 自分で年間取引報告書を作成し、確定申告を行うことになります。 (年間の譲渡益が20万円を超えていなければ確定申告は不要)

税金の支払いは一般的には、次の年の2月16日から3月15日までの間です。

メリットは、税金を払いすぎる事がなく、 譲渡損失の繰越控除やみなし取得費の特例 元本1000万円までの譲渡所得非課税まで、 すべての優遇税制が可能となり、様々な特典を受けられます。
証券会社が個人投資家に代わって、売却益にかかる税金を1ヶ月ごとに納税する制度で、 基本的に確定申告は不要。証券会社が税金を代わりに納めてくれます。

ただし、損失の繰越し控除の特例を利用する場合や、一般口座や他の証券会社の譲渡損益と損益通算したい場合は、 『特定口座年間取引報告書』をもとに確定申告することもできます。

メリットは、確定申告の手間がかからないのと、いくら儲けても、配偶者控除や扶養控除に影響がなく、専業主婦の方などの節税の方法として使うことが可能になります。 ただ、税金を払いすぎて損する可能性はあります。
証券会社が個人投資家に代わって、売却益にかかる税金を1ヶ月ごとに納税する制度で、 証券会社が「年間取引報告書」を発行するので、それを添付して確定申告します。

メリットは、確定申告が簡単にできるのと、元本1000万円までの譲渡所得非課税も利用できます。


結局は、とりあえず私のような初心者の場合は、一般口座が無難そうですね。そんなに稼げるとは限らないし、税金の払い損は嫌ですからねぇ。 いっぱい稼ぎ出したら、特定口座の源泉徴収ありが楽なのかもしれませんね。

※ 今回記事にした株式の税金制度は2007/8/25の時点での情報です。
とりあえず、株入門のホームページを片っ端から読んで勉強していますが、覚える事が沢山あってなかなか身につかない状態です。
勉強するにあたって、すごく良いと思ったサイトはリンクを貼っているので、これから株を勉強しようと思っている方は、よかったら参考にして下さい。

昔、株をやろうとした事があったので、だいたいの事は知っていると自分で思ってたけど、意外と知らない言葉や決まりがあって、やっぱきちんと勉強すべきだなってつくづく思いました。だけど、こんな事ばかりやっていては何も進まないし、やっぱり実際やってみないとなかなか勉強にも身に入らないような気がして、とりあえずやってみようかなぁとも考えてしまったりします。

だけど、焦ってはダメですよね。自分にとっての大金を賭けるわけですから、慎重にしないと、後で後悔したら嫌だし。
ROE:資本利益率
株主資本利益率(ROE)=当期利益÷株主資本
★基本的に数字が高い方が良い

「Return on Equity」の略で資本利益率のこと。
当期の利益を株主資本(=資本金、資本準備金、利益準備金及びその他剰余金を合わせたもの)で割ったも。

純利益(Return)と資本(Equity)の比 率を示す指標。これが何を表わしているかというと、株主から預かったお金(資本)を使って、その年にどれくらいの利益を生み出したか、つまり元金の 運用利回りは何パーセントか、ということを示しているんだ。誰でも、投資するからには大きく殖やしたいと考える。運用利回りの良い高ROEの株式は人気を集めて値上がりが期待できるから買おうかな、ということになる。

10%、20%といったパーセントで表示され、数字が高いほうが利益率の高い会社になる。


---------------------------------------------------

PER:株価収益率
PER=株価÷1株当たり利益(EPS)
★PERの10倍~15倍の株価が妥当。それより高いと期待されすぎ、低いと何かあるかもしれない。

「Price Earning Ratio」の略で株価収益倍率のこと。
株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する際に利用される。
株価が1000円で、一株当たり税引き利益が100円ならば、株価収益率は10倍となる。

同一業種では株価収益率も同程度であることが想定され、ある企業の株価収益率が業種平均より高い場合に、その株式が割高であるといった判断が可能。

株価だけだと、その会社が発行している株数やそれぞれの会社は規模が違うから、単純に比較することはできない。そこで、1株当りに直すとどのくら いの利益になるかを計算する。それが「EPS(Earnings Per Share一株当たり利益)」。このEPSが大きいほど、会社の価値も大きいと言えるのだけど、これだけでは株価が妥当かどうかはわからない。そこでPERの登場。PER=株価÷EPSで、株価が一株当り利益の何倍になっているか、計算できる。つまり、このPERの倍率で株価が割高か割安かを判断することができるんだ」

また、株式市場全体の平均値を利用して株価収益率を算定し、相場水準を検討する際に利用することもある。

---------------------------------------------------

PBR:株価純資産倍率
PBR (株価純資産倍率)(倍)=株価÷1株当たり株主資本
★数値が1より低い方が良い

「Price Book-value Ratio」の略で価純資産倍率のこと。
PERが利益を基準にして株価の価値を割 り出すのに対して、PBRは経営基盤となる資本金などの株主資本(自己資本または純資産)を基準にして、株価の高低を測るもの。
株価と1株当たりの株主資本(純資産)の比率を示す指標で、企業の解散価値と、株価との関係を知ることができる。

PBRが1倍に近づくほど株価は割安であることを示し、1倍以下になると株価が解散価値をも下回ることになる。
たとえばPBR10倍の株の場合は、成長性などが見こまれて、会社の解散価値よりもはるかに高い値段で取引されていることになるし、PBR1倍なら底値に近づいたとみることもできる。
オンライントレードをやろうと決意したのはいいものの、まだ何をしていいのかわからない状態です。
とりあえず勉強できそうなサイトを探しているけど、難しいサイトが多くて、いまいち入り込めないし・・・。

でもそんな事言ってるようじゃ、ダメなんでしょうね。
やっぱ甘く考えすぎてるのかなって自分でつくづく思います。
とりあえず、自分が株の勉強をする為に、便利なブログを作ろうと思って、ブログだけはなんとか形になってきました(笑)
後は、しっかりと勉強できるサイトを探してリンクをはり、毎日勉強しやすい環境を作れば、真剣に勉強するようになるかなぁなんて自分で思っています(笑)

まだ勉強中

オンライントレードを始めようと決意しました。
お金が減るかもしれない恐怖はあるけど、今のままでは貯金もろくにできそうにないし・・・。

数年前にもやろうとした時期があったけど、自分には向いてないと思い諦めました。バーチャルゲームをやっても、下がってばかりでしたから^^;
だけど、今度こそ頑張ってお金を増やしたいと思っています。
全くの素人なので、このブログを読んでる人からみると、「そんなんじゃダメだ」とか「バカな事を言って」とか思うかもしれませんが、とにかく自分なりに挑戦してみます。

テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

     | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。